香川でテニス!

http://blog.kagawa-tennis.net

☆☆☆
2017年も
「香川のテニスで盛り上がって行きましょう!」
☆☆☆
2014年テニスの日『大賞』を受賞しました♪
<< 「香川でボレーボレー!」ご協力&各会場の詳細(new) | main | 「香川でボレーボレー!」inサークル ローランギャロ (&プチ、サークル紹介) >>
【讃岐庭球人!】
香川でテニス!第二弾企画です♪

溝内 洋(ミゾウチ ヒロ)

生年月日 1985年1月7日
身長 165cm
体重 74圈腹目指す!)
利腕 右利き、片手バックハンド
プレースタイル グランドストローカー(←自称)
得!! フォアハンド(ストローク)

(注)↑コチラは、バックハンドのグリップです。

所属 佐藤製作所
使用ラケット ヨネックス
(テンション)56×54 タテ・ポリ/ヨコ・ナイロン 
  シューズ ヨネックス
  ウエア  ヨネックス

「香川でテニス!」第二弾企画、「讃岐庭求人!」の(記念すべき)初のご紹介は、先日、国体四国予選に香川県代表(No1選手)として出場し、上位2県に与えられる
国体(国民体育大会)へのキップを勝ち取った溝内洋選手です。

溝内選手は、現在、佐藤製作所に所属しJOP大会やJTT大会などを転戦されています。

テニスは、小学4年生(10歳)の時に、ご両親(主にお父さん)の影響で始められたそうです。
この頃は、週4回テニスクラブに通い練習! 12歳で初優勝!(県大会) また、全国小学生テニス大会などにも出場されたそうです。
小学生時=「楽しい!」

中学生に成ると、学校にテニス部が無かったので“園芸部”に所属し“水やり”をして帰っていた!とのこと…。(笑)
小学生の時と同じように、週4回テニスクラブへ通っていたのですが、この頃には“選手クラス”で120分〜150分の練習に変わったそうです。
また、中学2年生頃からオンコート外でのトレーニングも始めたようです。
中学生時=「まだまだ、楽しい!」

高松北高校に進むと、もちろんテニス部に所属し週3〜4回テニスクラブに通う以外は、毎日部活に出て練習したそうです。
この頃には、プライベートのコーチングも受け、もっと“上”を目指した!とのこと。
三年生の時には、県高校総体でも優勝! 2年、3年生時にはインターハイへ出場!
高校生時=「楽しい!+おもしろい!(試合に“勝てる”ので)」

大学は日大へ。 二回生の時には、日大が王座で“優勝”し大学日本一も経験。(強い先輩方のお蔭もアリ…)
後の質問コーナーでも出てきますが、軸丸選手(インカレチャンピオン)などに練習してもらい、考え方も変化してきたようです。
大学では、常にメンバー入りを目指していたので、「勝ちたい!」という気持ちが出過ぎ、プレッシャーを多く感じながらプレーしていたそうです。(そういった気持ちも大切ですよネ!?)


ここからは、質問コーナーです。
主にcookin'氏による質問を溝内選手に答えていただきました。(修正ナシ?)

Q・試合に役立つ練習とは?
A・ラリー。 ただ打ち合うだけでは無く、スタート時の工夫など。
  プレッシャーを自身で掛けて…

Q・何を考えながら?(ゲーム中)
A・フォアハンドを活かしたプレーを心掛けている。

Q・ミスが重なって来た時のメンタル面(考え方)
A・あまり考え過ぎずに、ポイントを捕りにいく、集中する!
  ミスにはこだわり過ぎない。

Q・試合に勝つには?
A・気持ち!

Q・上位選手との差は?
A・サーブの違い…

Q・自分のプレーをビデオで観たことがありますか?
  あれば、観て感じたコトは?
A・ギャップはあまりナイ。

Q・影響を受けた人や好きな選手は?
A・軸丸 真志さん(日大の先輩で、2004インカレチャンピオン)
  好きなプレーヤー アガシ→フェデラー(AIG OPで生で見てから…)

Q・休日の過ごし方は?
A・テニスの試合が多いです。
  ボーリングや友人と食事など…

Q・最近、ハマッテいることは?
A・車の免許が取れたので…運転。

ここからは、各ショットについて質問です。

Q・フォアハンドストローク!
A・テークバックを早く、ボールの後ろに入り→体重を乗せ、前に打つ!!(あまり回転を意識せずに)

Q・バックハンドストローク!
A・フォアと同じ

Q・バックハンドスライス
A・あまり逆回転を掛けようとせず、ラケット面に乗せて運ぶように打つべし!(フラットショットに近い感じで)

Q・ボレー
A・ラケット面をボールの後ろに早く準備し、あまり振らないようにする

Q・スマッシュ
A・ラケットを早くかついで、ボールの下に入り→おもいっきり打つべし!!(2度目の登場)

Q・サーブ
A・高い打点、肘が下がらないように打つ。 スピン:上に打つイメージで、しっかり振る。フラットに比べ、トスの位置を後ろに。 スライス:とくに、分かりません(汗)


質問コーナーは以上です。

最後に、香川のジュニア選手達に一言いただきました。(溝内さんは、現在も選手として活動されていますので)
溝内選手:県大会や四国、全国大会で見る強い選手達に臆することなく…勝つチャンスは有るので!  自分自身の目標を持ち、プレーし勝ちに行く。みんなにチャンスは有る!! 「勝ちに行く」

溝内選手、ありがとうございました。

※mixi「香川でテニス!」コミュの方には、[おまけ]写真も掲載しています。http://c.mixi.jp/k_t
| 1st-shot | 【讃岐庭球人!】 | 15:02 | - | - |

このページの先頭へ